1 物体の運動
4 放物運動

@水平投射

 初速度v0〔m/s〕で水平に投げ出された物体は、
 水平方向には速度v0〔m/s〕の等速直線運動をし、
 鉛直方向には自由落下運動をする。
 時刻t〔s〕における速度v〔m/s〕のx成分vx〔m/s〕、
 y成分vy〔m/s〕は、

 であり、位置のx座標、y座標は、

 となる。また、軌道の式は、


A斜方投射

 初速度v0〔m/s〕で水平より角度θ上向きに投げ出された物体は、
 水平方向にはv0cosθ〔m/s〕の等速直線運動をし、
 鉛直方向には初速度v0sinθ〔m/s〕の鉛直投げ上げ運動をする。
 時刻t〔s〕における速度v〔m/s〕のx成分vx〔m/s〕、y成分vy〔m/s〕は、

 であり、位置のx座標、y座標は、

 となる。また、軌道の式は、